• 敬老の日に適したカタログギフト

    敬老の日は贈り物をするタイミングとなっていますが、高齢者に対して何を選んだら良いのかで頭を悩ませることが多いのではないでしょうか。

    敬老の日情報探しのヒントをお教え致します。

    気持ちが困っていればどれを選んでも大差はないと考えてしまいがちですが、現金や商品券はマナー違反になってしまう可能性があります。


    贈る相手の趣味や嗜好を知らないと、ありがた迷惑なアイテムを贈ってしまい喜んでもらえないことにもなり兼ねません。そんなことから近年人気を高めている贈り物の一つとされ、定番になっているのがカタログギフトです。


    敬老の日にカタログギフトを贈るイメージはないという人が多いですが、敬老の日や高齢者を対象にしているカタログも存在しており、身近な存在になりつつあります。


    金額や種類の選択肢が豊富にあるのはもちろんのこと、受け取った相手が好きなものを選べば良いだけなので何を贈れば喜んでくれるのかで悩む必要もなくなります。


    一般的な贈り物と同じように、贈るタイミングや金額には気をつけておく必要があります。



    カタログギフトを贈る場合には、あまり高額なカタログになってしまわないように気をつけましょう。あまりに高額となれば受け取ったお年寄りがお返しで悩んでしまうので、金額には十分気をつけておくべきです。



    カタログのみでは味気がないと感じる場合には、お菓子など簡単なものを添えておくと喜んでもらえて、直接会って渡すことにより気持ちが伝わりやすくなることは間違いないありません。